サイト概要

虫神の杜は、虫と人との関わりをテーマに、暮らしに役立つ情報を発信するウェブサイトです。妖怪博士(境港妖怪検定上級)のダニ妖怪・ダニローが運営しています。 ある日、川で息子と釣りをしている時に、釣れた魚の口からエサの川虫が飛び出しているのを見て、虫と人との関わりに興味を持ちました。 その後、たくさんの本を読み、虫と人との関わりが想像以上に深いことを知りました。たとえば、養蜂や養蚕などの家畜として、農作物を食い荒らす農業害虫として、マラリアなどの感染症を媒介する衛生害虫として、昆虫食や薬品の原料として、古くから虫は、人の暮らしの様々なシーンに関わってきたのです。 虫と人との意外な関わりを知り、ふと自分も、虫と人との関わりをテーマに、暮らしに役立つ情報を発信したいと考えました。そして2021年8月、全国の昆虫採集のスポットをまとめたウェブサイト「虫神の杜」を開設しました。 2023年8月には、当サイトの月間ページ表示回数が10万回を突破しました。夏は昆虫採集のシーズンです。特に休みが集中するお盆の時期には、当サイトへのアクセスもピークを迎えます。その後は晩夏からアクセスが大きく減少し、冬には完全にオフシーズンとなります。 当サイトがどれほど人様のお役に立てるかわかりませんが、季節ごとの虫と人との関わりの変化を数字で確認することができ、個人的には楽しんで運用しています。

ピストン釣り
2023年9月11日 川虫を使い、息子とピストン釣り

虫神自然再生祈願祝詞

野槌神のづちのかみつち蜘蛛ぐものかみ常世神とこよのかみもろもろむしかみたち大前おおまえかしこかしこみもまおさく
あらかねつちいのちみなもとにしてもろもろ御魂みたまかえところなるも
中今なかいまあめ益人ますひと荒草あらくさ刈払かりはら木根きねきりひら
たかきをくずひくきをめてつちならいしえて
大神おおかみたちうしは大土おおつち御殿みあらかりぬれど
かぎられし天地あめつちしてもつち住物すむものいやにぎびににぎ
くしびなる大地おおとこもとごとたちかえらしめたまえと
かしこかしこみも乞祈こいのみまつらくとまお

自然の中に身を置くと、多種多様な生き物の息吹に圧倒されることがあります。日本書紀にも、地上は草木までもが物を言う騒がしい世界だと書かれています。そんな騒がしいほど豊かな自然が、いつまでも続いてほしいと願い、長年の友人で神職経験者である高橋御山人に虫神自然再生祈願祝詞を作成していただきました。 虫の中には、人々の信仰の対象になったものがあります。たとえば、養蚕における金色姫信仰や、農業害虫であるウンカを斎藤実盛の御霊とするサネモリ信仰、アゲハの幼虫を神として崇める常世神信仰などがあります。 虫は、動物の死骸を分解して土に還し、植物の受粉を助けることで、自然の循環を支える重要な役割を果たしています。また、冬に姿を消し、春に再び生命力あふれる姿を見せてくれます。 虫は、生と死の循環を繰り返す自然の営みを象徴する存在です。古来より神として崇められてきたように、自然再生を祈願する対象として、最もふさわしいと言えるでしょう。

Posted by ダニロー