猫害と猫妖怪の存亡の危機(妖怪検定上級 過去問)

境港妖怪検定(3)

猫害と猫妖怪の存亡の危機(妖怪検定上級 過去問)
水木しげる先生亡き後、妖怪文化を保存継承する為に我々は何をすべきだろうか。近年の猫問題を通して、猫妖怪の存亡の危機について考察する。小論文1200字、妖怪検定上級 過去問

【ブログ】妖怪検定上級・合格論文はこちら

 妖怪は人が立ち入ることの少ない自然や夜の暗闇の中に潜む。しかし近年の開発でそれらは減り、同時に妖怪文化までもが衰退しつつある。そして今まさに存亡の危機を迎えているのが「猫妖怪」である。

 少し前まで猫は外を自由に歩き回るものだと考えられていた。しかし近年の猫ブームの影で「外の猫」が増加したことで、糞尿問題や騒音問題などのいわゆる「猫害」が急増しており、近頃は外の猫が嫌われる傾向にあるようだ。
 猫のフンは人畜共通感染症トキソプラズマを媒介する。また、猫は「世界の侵略的外来種ワースト百」に選出されており、地域の生態系に悪影響を及ぼすという。これらの問題を解消するため、近頃は保護譲渡や不妊去勢手術によって外の猫を減らす活動が行われており、将来的に外の猫をゼロにすることを目標に掲げている団体も少なくない。
 しかし、日本人は自由気ままな外の猫に神秘性を感じてきた。猫の妖力の源泉は外の世界にこそある。妖怪文化を守るため、この流れは決して看過できない。

 猫神は養蚕の守護神として崇められた。これは鼠による蚕の食害を防ぐため、養蚕農家が猫を飼養したことに始まる、猫の益獣としての側面が神格化されたものである。
 一方、同じ猫神でも徳島県の「お松大権現」には、飼い猫が妖怪変化となって主人の仇を討ったという伝説がある。こちらは養蚕守護の猫神とは対象的に猫の妖力が神格化されたものであり、その正体は猫又だと考えられる。猫又といえば、人に飼われている猫が年老いて化けたものとして知られているが、その文献上の初出は、山中で人を喰らう魔獣・猫股(ねこまた)である。
 猫の飼養が一般化された後も、山中の猫はマガリ、トリスケなどの山言葉で呼ばれて忌まれたという。その背景には、山や森などの自然を神の住む場所、人の霊魂の還る場所として捉えた日本古来の思想がある。山や森などの「異界」と人々の暮らす「里」、さらに人の生活の最小単位である「家」を自由に往来できる猫は、非常に霊性の高い動物だと言える。そのような猫から外の世界を奪う行為は、猫から霊性を奪うことに等しい。これは猫妖怪の存亡の危機であり、妖怪文化の衰退に直結する極めて憂慮すべき事態である。

 しかしながら外の猫は交通事故死が多く、感染症の罹患率も高い。人に捕まって虐待されることもあれば、行政に殺処分されることもある。外の猫を取り巻く環境は非常に厳しい。ここは猫の幸せを第一に考え、外の猫を減らす活動に賛同したい。猫妖怪の衰退は妖怪文化を巡る歴史の一つとして、後世に伝えていくことが重要である。

<参考文献>
渋谷寛『ねこの法律とお金』廣済堂出版/ピーター・P・マラ『ネコ・かわいい殺し屋 - 生態系への影響を科学する』築地書館/自然環境研究センター『最新 日本の外来生物』平凡社/『企画展「すごすぎる! ねこ展~ヒトとネコの出会いと共存の歴史~」展示図録』山梨県立博物館/桜井徳太郎『民間信仰辞典』東京堂出版/笹間良彦『図説 日本未確認生物事典』柏書房/高橋御山人『高橋御山人の百社巡礼/其之七拾六 徳島の山間 高知の秘境 四国の猫神様:「犬神」だけではなかった!四国の山間に鎮まる「猫神」の神社とその伝承を訪ねて』株式会社リブラ・エージェンシー/水木しげる『決定版 日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様』講談社/新谷尚紀, 関沢まゆみ『民俗小事典 死と葬送』吉川弘文館

Posted by 米田むー

関連ページ


一言コメント(1)

米田むー飼養衛生管理基準の改正により、2020年10月1日から牛舎など衛生管理区域内での猫の飼養が禁止される。今でも害獣駆除を目的に猫を飼養している牛舎もあるようだが、どうするのだろうか。養蚕の守護神である猫神は、猫の益獣としての側面が神格化されたものである。またひとつ猫の霊力が失われていく。


HN